ブログで稼ぐ

ブログで稼ぐ公式

・集客(PV)×クリック率(CTR)×成約率(CVR)

 

ブログで稼ぐ方法はアフィリエイトだけじゃない

ブログで稼ぐには以下のような方法があります。

 ・Google アドセンス
 ・アフィリエイト
 ・個人スポンサー
 ・有料note
 ・オフラインイベント
 ・書籍出版

ブログで稼ぐ具体例

マナブくんの例

・「Amazon収益はぶっちゃけショボいですが、毎月約30万円ほどの収入があります。商品数にすると、毎月4,000個の商品を売っています。こういった収益が積み重なって、当サイトからは月600万円のブログ収益が生まれています。」(マナブ)

・「良い記事(ブログ、サイト)を作ると放置してもアクセスは横ばい」(マナブくん)

 

SEOで集客する

SEOとは?

・SEOの本質は、読者が検索するキーワードに対して、どれだけマッチする回答を返せるか、というゲームです。

・読者が動く=ブログから価値が生まれる
 儲かる記事を端的に説明すると、『人に読まれて、かつ行動に繋がる記事』

 心が動く → SNS拡散、アクセス増える
 体が動く → 購入、報酬が入る

 

質の良い記事とは?

・良い記事 = 読者の問題を解決する記事

・書きたいことを書くのはNG 読者のためになる記事を書く。

・ペルソナが完成したら、ペルソナ救済の文章を書くだけ

・僕の自論ですが、”自分に近い層に向けた発信”が良いかなと思います。

 

やり方・ポイント

日々の取り組み方

毎日書く

 ブログを伸ばす秘訣は「毎日更新」です。
 毎日更新は大変と思うかもしれませんが、慣れます。

・書く時間は早くなる 最初は3000文字/8時間とかだったけど、3000文字/1〜2時間になった。

 

毎日ネタが尽きないようにする方法

・記事ネタを常にメモる

 

人生をコンテンツ化せよ

オンリーワンの価値を生むべし。
個性を出していけば、大企業にも負けない。

 

継続

学びつつ、実際に書く。これを継続する。99%は100記事書く前に脱落する。

・「経験から分かることは、『まずは継続、次にアクセスアップ、次に収益化』といった順番で学ぶのが大切です。」 (マナブくん)

 

収益化の目安

 マナブ 200記事 7万円/月 (現在 1000記事 600万円/月) 50万PV/月 1PV=4円
 ミツキさん 260記事 10万円/月
 Tsuzukiさん 187記事 14万円/月
 ソリンドさん 282記事 5万円/月
 200記事 = 30記事 × 7ヶ月
 7ヶ月ほど継続して、収益5〜10万円を目指す。
 その時点で目標との差を計測して、課題の発見や新たな目標設定を行う。

・100記事はスタート地点
 そこから、「読まれる記事」が見えてくる

・月3万PV以下なら、それはアクセスが少なすぎです。

・アフィリエイト初心者はまずアクセス集めないとダメ。
 3万PVあれば月1万円以上儲かります。

 

「1日勉強する」のはNG! 取り組み方のポイント

 トッププレイヤーは毎日生産的なタスクをこなしている。
 稼いでいる人は圧倒的に作業している。

 

日々の学習のコツ

 コツ1:データから学ぶ(アクセスの多い記事、収益の高い記事に着目する)
 コツ2:競合から学ぶ(該当キーワードで検索して上位サイトを見る)

 少なくとも上位5サイトには目を通しましょう。
 上位サイトを見ることで分かることは次の2点です。

  ・読者が求めている情報
  ・収益化への導線

 

記事の書き方手順

・まず初心者を脱するまではテンプレートに沿って記事を作ると良い。
・記事構成に時間をかける

 

ブログで文章構成を作る4つの手順

・キーワードを決める
・そのキーワードで検索する人の悩みを想像し、その回答を考える
・目次を作る
・本文に肉付けする

さらに

・検索ワードから想定される読者の「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」に答えていくことで記事にボリュームが自然と出てくる。

 

アクセスを集める方法

キーワードで上位を取る

・まずそのブログで「メインとしたいキーワード」を決める。
 次に、そのキーワードとの複合キーワードを全て洗い出す。

・キーワード掛け合わせ3つで上位を取る方が、2つで取るよりも簡単。
 まずは掛け合わせ3つの記事で上位を取る努力をする。3つで上位が取れるようになったら徐々に2つの記事も作成。

・「キーワード順位が上がる際には”3ヶ月くらい”は時間がかかります。なので、『記事を書く→3ヶ月放置する→順位を見てみる』といった感じがオススメです。」(マナブ)

・キーワード順位を測る (「Rank Tracker」を使う)

・検索ワードの需要はGoogleの提供している「キーワードプランナー」で調べられる。

・検索ボリュームの小さいロングテールキーワードの記事も全て狙う。
 なぜかというと、「関連ワード」からの流入があるから。
 「検索ボリューム」と「実際の検索流入」の数は一致しません。

 

記事の目的を明確にする

商標キーワードの記事
収益キーワードの記事
集客キーワードの記事

収益化しやすい記事のタイトル

「始め方」「手順」「検索ワードそのもの(商標)」「オススメ」「まとめ」
こういった検索ワードで調べる人はすでに「購入を検討している」ので成約しやすい。
このような収益性の高い記事に対して、関連記事から内部リンクを貼っていく。

関連記事で集客して、収益化記事へ流していく。

 

ブログで説得力を高める方法

  1、ポジションを明確化する
  2、論理的な文章を書く
  3、サイト全体で信頼構築する

 

未来を売れ 商品そのものじゃなく、それを手に入れた先の未来を語れ

「オススメ」するのではなく、「必要性」を伝えるだけ

 売ろうとせず、必要だから買う。その自然な流れを作る。
 
 リンクは必要なところに添えるだけ。

 

必ずフィードバックをする

記事の成績を測る指標
 ・PV(閲覧数)
 ・キーワード検索順位
 ・IMP(広告表示回数)
 ・CTR(クリック率)
 ・CVR(成約率)

 

課題を明確にし、改善する
成功体験をコピーしていく

・収益が生まれたら、必ずリファラーを見るようにしましょう。
リファラーとは、収益発生に繋がったリンク元のことです。リファラーが分かれば、その成功体験を横展開できますからね。

 

上級者はさらにこんな取り組みをする

LPの精査

・アフィリエイターの重要タスクとして、商品LPの精査があります。というもの、せっかく記事を書いても、LPがしょぼかったら売れないですからね。

 

特単交渉

発生が多いサイトを運営していると、広告主はそのサイトへの依存度を高めることになる。
そのサイトから広告を取り除かれるのを恐れるため、特単交渉に応じてもらいやすくなる。

 

市場の見極め

・伸びてない市場、可能性のない市場、競合が強すぎる市場などで戦い続けても疲弊するだけ。ダメだと思ったら損切りすることも大切です。

 

記事テンプレート

下書きする際に毎回チェックしよう。

・検索キーワード
・検索ボリューム
・想定される読者の悩み
・トップ5の記事の内容

記事作成する際に毎回以下の要素が含まれているかを確認しよう。

・検索キーワード
・問題提起
・この記事を読んだ結果の明示
・権威性
・結果の根拠
・本文(主張、理由、具体例、反論に対する回答、再度主張、まとめ)
・読者へ次の行動を促す(関連記事、購入、記事内容の実行など)
・目次