信託保全とは?

「信託保全」とは、証券会社やFX会社を利用する人のお金を守るための仕組みです。

証券会社やFX会社が、投資家やトレーダーに安心して取引してもらうために、利用者が入金した資金を会社の財産と区分して管理することです。



信託保全されたお金は、証券会社やFX会社の口座ではなく、「信託銀行」の口座で管理されます。

この保全を任された銀行を「預託[よたく]銀行]」と呼びます。


「信託保全」された利用者のお金は、万が一会社が破綻した場合であっても守られます。
さらに、信託先の銀行そのものが破綻してしまった場合も信託法によりその信託銀行の財産とは区別して取り扱われるため、資産は守られます。


興味のある方は、証券会社やFX会社に口座を開くときに、その会社の預け入れ先「信託銀行」をチェックしてみましょう。